包茎を自力で克服するためのポイント

成人向け

あなたもこのような事を思われてませんか?

  • 包茎をなんとかしたい・・・
  • 病院に行ったほうが良いのはわかるが、その前に自力でなんとかならないかな?

そう思われているあなたの、そのデリケートな問題。

解決の一助となれればと思い、包茎について、特に自力で改善するという視点でまとめてみましたので、よければ参考にしてみてください。

包茎の実態

日本人の73%が包茎(仮性包茎・真正包茎)です。
包茎であることは決して珍しい事でもありませんし、珍しくありませんから、恥ずかしい事でもありません。

エラー|NHK NEWS WEB

しかし、包茎であることは男としてあまり好ましくない結果を招くことがあります。

包茎のデメリット

不潔である

包皮の中は密閉されていて湿気もある空間ですので、非常に雑菌が繁殖しやすい環境になっています。

包茎の亀頭周りは非常に雑菌が繁殖していることが多く、性交時に女性には非常にリスクが高くなります。

早漏・遅漏になる

包茎であることは、女性にとって性的満足感を得にくくなります。

包茎であることから亀頭部分が敏感になり、性行為時の接触で直ぐに射精してしまう恐れがあったり、逆に、亀頭部分が鈍くなっていて遅漏に繋がることもあります。

いずれにしても性交渉の満足度を下げることになります。

包茎を自力で克服するにはどうすればいいのか

包茎を自力で克服するための道具がすでにあるにはありますが、効果のほどは・・・というものが多いのが現状です。

包茎矯正リング

雑誌の裏表紙の広告でご覧になったことがあるかもしれませんが・・・。
包茎を矯正するためのリングを陰茎に装着するという克服方法があります。

いわゆる剥け癖を作ることが目的の道具なのですが、締め付けがつよく血のめぐりがとまり鬱血してしまって取れなくなる危険性などもあります。

包茎矯正ジェル

包茎を矯正させるためのジェルもあります。

接着剤成分が配合されているジェルを陰茎に塗って皮をむく。
すると皮が戻らず皮と皮が接着した状態になりますので、剥け癖をつけることができるというものです。

接着剤成分が配合されているので、皮へのダメージは決してゼロではありません。

ビガーパンツ

包茎矯正リングと一体型になった下着を装着するという方法もあります。

要領は包茎矯正リングと同じで、むいた状態を維持して剥け癖をつけることにありますし、トランクスと一体型ですので、万が一にでも誰かに見られても大丈夫という安心感はあります。

まとめ

清潔な陰茎を保つ、そして、敏感な部分なので刺激になれさせることによって、持久力などのタフネスさのある陰茎にする。

露茎することでそれらは実現できますが、確実なのは今のところ病院に行っての施術です。
一般的な自力での包茎克服は時間もかかるし、確実性は劣るのが現状です。

医師が監修した自力で包茎を克服するためのノウハウマニュアル「メディカルワークアウト」では、自力でより確実に包茎を克服するためのノウハウがまとめられていて、医師の知恵が入った数少ない自力での包茎克服方法です)

包茎に対して何もしないことが一番問題を大きくしますが、どのような手法を取り入れるのかは、あなたの考えやリスク、コスト面などを踏まえて検討してみていただければなと思います。

タイトルとURLをコピーしました