ツイッターでのセフレを募集している女性を見つけるためのポイント

セフレ

あなたもこのような事を思われてませんか?

  • セフレ女性作りたい
  • ツイッターを使って、効率よく女性と出会いたい

そう思っているが、いまいちツイッターなどのSNSがセフレ探しの場所として適しているのが疑問が残るし、実際はどうなのだろうか・・・と思っているのではないでしょうか?

答えを先に言いますと、SNSはセフレ作りの場として主流になりつつあります。
また、セフレを作りたいと求めている女性も全体に2割ほど存在していますので、ツイッターをセフレ作りの場として選ぶことは賢明な選択です。

ただ、活用する上では少しだけ注意が必要となります。

セフレとの出会いの場所としてのSNS

セフレを持っている方たちは、いったいどこでセフレと出会ったのだろうか?
シンプルに疑問に思いませんか?

その問いに対して、コンドームメーカーでおなじみのサガミオリジナルさんが取ったアンケートがとても参考になるかと思います。

「同じ会社21.4%」が最も多く、2位の「友人の紹介16.4%」に5ポイントも差をつけています。また、SNSやソーシャルゲームなど、ネットでの出会いも全体の12%となり、特に30代・40代では15%前後と高い数字となります。

ニッポンのセックス|恋愛対象、セックスパートナー、浮気etc
神奈川県厚木市。コンドームの製造・販売。企業・IR情報、製品紹介。

セフレと出会った場所としてSNSやネットゲームなどの、ネットでの出会いが非常に高い数字を示しています。

もちろんそこにはツイッターも含まれていますので、セフレを作るためにツイッターを活用するというのは、とても合理的な考えなのです。

ツイッターでのセフレ募集ツイートの現実

ツイッターの検索窓で「セフレ」と打ち込んで検索をかけてみたことはありますでしょうか?

ある方ならご存じだと思いますし、ないなら一度試してみてください。
セフレ募集ツイートがつらーっと出てきますよ。

もう分単位で募集ツイートが発信されていますが・・・こんなにもセフレを求めて発信している人が居ると思いますか?

・・・思いませんよね。

正解です。
そのセフレ募集のツイートに反応をしたところで、セフレ募集している女性と会うことはできません。

業者かサクラだけが発信している

そのセフレ募集のツイートをしているのは誰かのか。

察しの通りです。
援デリ業者かサクラです。

あなたがセフレ募集のツイートに反応してアプローチをしても、いくらかのラリーが続いたあと、援としての条件の交渉が始まります。

もし援デリ業者じゃないとしても、出会い系サイトのサクラの投稿であることがほとんどです。

会いたいならこっちに登録してねってことで変なサイトへ誘導されて、運が悪ければ、変な警告文が表示されて「消したいなら・・・」みたいな誘導が出て、お金を請求される。(払う必要はありませんが)

運が良くても、よくわからない出会い系に登録させられておしまいです。

いずれにしても、セフレ募集のツイートをに反応しても、まず本当にセフレを募集している女性に出会うことはできません。

100の投稿の中に1件ぐらいは本物のセフレ募集があるかもしれませんが、100分の1の本物を探すために、99の偽者と接触しなくちゃいけないってなると、あまりにも割に合わないはずです。

ツイッターでのセフレ募集をしている女性を見つけるには

では、ツイッターでセフレ探しをしている女性はいないのか。

結論から言いますと「います」。
先ほどの統計データでもありましたように、実際にSNSでセフレと出会ったという方が少なからずいらっしゃいます。

ただ、わかりやすく「セフレ募集してます」なんてツイートはしていないのです。

女性の立場で一度想像してみてください

一度試しに、ツイッターで女性のフリをしてアカウントを作ってみてください。
そして、そのアカウントで「セフレ募集」ってツイートを発信してみてください。

どんな反応が来るのかわかりますよ。
どんな嫌な思いをするのかも。

リプ欄には気持ちの悪い文言がくるし、DMでは気持ち悪い誘い文句で誘う男、値段交渉から入る男、自分のモノの写メを送り付けてくる男・・・と、これでもかってぐらいに押し寄せてきます。

一瞬で気分が悪くなりますから。
でも、その体験を通してわかることも多いはずです。

女性が「セフレ募集」なんて絶対に発信しない理由や、そのアカウントが女性であることを悟られたくないということもわかるはずです。

でも、セフレが欲しいと思っている女性は居ます。
そして、そのセフレをツイッターで見つけようと思っている女性もいます。

そんな女性は、ツイッターでどのような行動を取るのでしょう?

そこが分かるようになると、どうすればツイッターを通してセフレを作れるのかがわかってくるはずです。

つまり・・・

ツイッターはセフレと出会う場所として、今や主流となりつつあります。

職場の繋がりや友達の紹介などのリアルなつながりからセフレと移行するケースが相変わらず上位ではありますが、1日の時間の使い方から考えて、そこでの出会いが上位に行くのは当然と言えます。

逆に言えば、1日の時間の使い方という観点では、SNSやネットゲームが上位に来ることのほうがむしろ凄い事だと言えます。

ネットを使う時間は1日に1時間や2時間程度だと思いますが、しかし、出会いの場として上位に来ているのですから、出会いの場所としてかなり激アツなのだと見ることもできます。

ツイッターは、利用者数や利便性からネットでの出会いの場としてメインとなる存在でもあります。

そのツイッターでセフレと出会うには、ストレートに「セフレ募集」ツイートに反応してはいけません。一見すると普通に見えるアカウントから、出会いを求めている相手を見抜く眼と、セフレにまで持ち込むスキルが必要です。

実際にツイッターでセフレを増産しているかたの、そのノウハウをまとめた教材「ツイッターでセフレを量産する教科書 -セフレ量産コース-」では、ド直球でセフレ募集をしたり、応募しているわけではありません。違う角度でアプローチしてセフレ関係を構築しています。

本音と建前と言えばいいのでしょうか。

セフレを欲している女性は居ますし、その出会いを期待してSNSを利用していますが、表立ってセフレ募集とは掲げてません。そこを見抜き、信頼を勝ち取ることができるのかいなか。

そのスキルの有無が求められるのが、ツイッターでのセフレ探しです。

よければ参考にしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました