いじり話法が女性の恋愛感情を刺激する理由といじるときのポイント

コミュニケーション・会話術

女性をいじる。

一見すると女性に嫌がられそうな行為ですが、女性との会話を通して距離を縮めるためにはこれが効果的でもあるのです。

いじり話法の本当の狙いは、いじる事ではなく、フォローすることにあるためです。
このフォローが女性の感情をグラグラと揺さぶり、あなたへの好意へとつなげる土台になります。

その点を踏まえて、いじり話法について解説させていただきます。

いじり話法が女性を落とすうえでとても効果的な理由

人間の心理の不思議な所の1つに、”ドキドキを恋愛感情を錯覚する”というものがあります。

その一つの事例が、吊り橋効果という心理学理論です。
ドキドキする心理状態を、脳は恋愛のそれと恐怖のそれが区別できないというもの。

それを利用すれば恋に落ちやすくなるという事でもありますが、ポイントは吊り橋を一緒に渡ることではありません。

大切なのは、”ドキドキする”という心理状態を作れるのか否かです。

恋愛のふり幅が大きいほうがインパクトがある

少し違う見方をすると、感情のふり幅が大きいほうが恋愛感情につながりやすいと見ることができます。

例えば、なぜかモテる悪そうな男っていますよね。
なぜその男はモテるのか。これをふり幅で説明することができます。

いい人どまりの男は、プラス100点になる事はありますし、マイナスになることはありません。最低点数は0点です。±は100点です。

しかし、悪い男はプラス100点の評価を受けることもあれば、マイナス100点になることもあります。ふり幅が±200点もあります。

仮にマイナス50点の第一印象が、徐々に改善されてプラス60点になったらプラス110点の評価を得たことになります。

良い男止まりと、悪い男がモテる理由の違いは、ふり幅の違いなのです。

つまり、女性の感情を揺さぶることができることがモテる男の必須条件なのです。

いじり会話のポイント

いじり話法には型とも呼べる3つのポイントがあります。
その型というのは、実はお笑いのセオリーと同じなのです。

お笑いでは、「振り」「オチ」「フォロー」の三段セットの構図があります。

その型を意識するだけで笑いは生まれやすくなりますし、いじり話法の場合は、女性の気持ちが激しく揺さぶられます。

疑う

女性の発言を疑うような反応を示すのが第一段階です。

女性が「私、料理が得意なんだ」と言ったら「ほんとに?」と疑う。
すると女性は「ほんと!」とややムキになるはずです。

そのムキになるという反応が引き出せれば、この第一段階はほぼ成功です。

からかう

女性の発言を疑った理由を示すのが第二段階です。

女性の「料理が得意なんだ」という発言を疑ったことで、ムキになるという反応を引き出せた。
その疑った理由を冗談っぽくあっさりという。

「得意料理はTKGとか?」と。

くどくなったり、えぐくなったり、嫌味っぽくなるとアウトなので、その匙加減はとても重要ですが、ここで一歩踏み込めるかどうかが距離感を縮められるか否かを左右します。

フォロー

からかった内容を否定するかのように女性が何かを言ってきたら、それを全面的に受け入れる。肯定する。できれば褒める。

例えば「TKGも作るけど、一番得意なのは煮魚!身が崩れない絶妙な感じで作れるもん」と返してきたなら「そっか。確かに、○○なら、繊細な料理を上手に作れそう」という。

これをされると、感情は行ったり来たりのふり幅がありますし、下げてから上げるという持ち上げ方をしているので、とても嬉しい気持ちになります。

つまり、あなたに好印象を持つようになります。

いじり会話の注意点

3つのポイントを意識して”いじり”ができれば、その弄り会話は良い感じに進めていくことができるはずですが、いじる時には次のような点を意識しなければいけません。

意識せずにいじり会話をすると、裏目に行って、一気に嫌われます。

コンプレックスはいじらない

絶対に注意しなければいけないのが、コンプレックスに該当するようなことは言わないこと。

見た目、年齢、収入、家族関係などなど、どこにコンプレックスを抱えているのかわからないものですから、それがわからない時は触れないようにする。

地雷は踏んでからでは遅いのです。
どこに地雷があるのかわからない時は、そこに入らないことが賢明です。

信頼関係を築く

いじるためには最低限の信頼関係が大切です。

あなたは本気で人を馬鹿にしたりはしないであったり、ちゃんとこちらの考えを受け入れてくれるなど、そういった認識があるからこそ、あなたの弄りを弄りと理解してくれます。

その信頼関係がまだ出来ていない時にいきなり弄り話法を用いても、そこがキャバクラなどの空間でもない限り、なかなか通用しません。

信頼関係に不安が残る時には、弄り話法は用いないという選択も大切です。

フォローできる弄りをする

ここが重要です。

いじりがいじりとして成立するのか、それともただの悪口や嫌味になるのかは、その後のフォローもシッカリできるのかどうかです。

フォローできない弄りは、ただの悪口や嫌味になります。

だからフォローまで考えた上手な弄りができるのかどうかがポイントですが、こればかりは、とっさのアドリブだけで対応するのは難しいと思います。

普段からいかにシミュレーションしているのかどうかがカギを握ってきます。

いじり会話をマスターするには

いじり話法は、効果的でありながら使い方を間違えると一気に嫌われる諸刃の剣のような話法です。嫌われるリスクが高いから、好かれるメリットも大きいという見方ができるかもしれません。

いずれにしても、思い付きや適当で使うには非常に危険なスキルですので、ちゃんと事前に練習をして自分の中でいじり話法の使い方を理解してから使うことをオススメします。

いじり話法をマスターできる教材

いじり話法の習得を手助けする教材が今はあります。
いずれも”女性を落とす”ことを目的とし、その目的を達成できるいじり話法をマスターするための教材です。

いじるテクニックのバリエーションを学ぶ

いじり話法をパターン化すると16に分類できます。
その16パターンを身につけましょうというコンセプトとした教材が「女性を‘いじる’技術」です。

16のいじりパターンをマスターしてしまえば、あとはそれを使いまわすか、応用させるのかだけなので、いじりのバリエーションが一気に増えます。

いじり話法の練習ドリル

事前に用意したいじり話法を使える場面ばかりならいいのですが、会話は生ものです。
二度と同じ状況、同じ条件は訪れません。

だからこそ、アドリブ的にいじりテクニックを使えるようにすることが重要になってきます。

そのアドリブ力を高めることを目的とした教材が「いじりドリル集」です。

いじり話法を使える場面を想定し、その場面で女性の心を揺さぶるようないじりをするにはどうすればいいのか・・・に特化した内容となっています。

さいごに

いじる話法。
マスターできれば、これほど女性の心を揺さぶれるスキルは他にはありません。

しかし、フォローを失敗すると女性から嫌われてしまい、そこで終わってしまいます。

だから弄り話法を使わないという選択肢も無難かもしれませんが、女性の感情をゆさぶりまくる話法を使えるようになると今まで相手にしてもらえなかったような女性を落とせる可能性が高まります。

そういう意味では、付き合う相手はそこそこの女性で十分ということなら必要はありませんが、最高の女性を落としたいと思うなら、マスターしておいて損はないスキルです。

タイトルとURLをコピーしました