風俗嬢を落とす!そしてセフレにするために抑えておきたいポイント

セフレ

あなたもこのような事を思われてませんか?

  • 風俗嬢をセフレにしたい
  • でも、風俗嬢の落とし方がわからない・・・

そう思われているのではないでしょうか?

残念ながら風俗嬢をセフレにしている方の統計データなどはありませんが、ご存じだと思いますが、実際に存在しています。

だから、自分も風俗嬢をセフレにしたい!と思われるかもしれませんが、そう上手くいかないのが現実で、その現実を踏まえた戦略を建てることが、風俗嬢をセフレにするセオリーでもあります。

セフレを作りたいと思っているあなたが、風俗嬢をセフレにするために欠かせないポイントを紹介させていただきます。

風俗嬢をセフレにするということ

風俗嬢をセフレにする。
もし、それが実現できれば、あんなプレイやこんなプレイを毎日やりまくれるのではないだろうか・・・

そう思われるかと思いますし、実際、その想像は高確率で的中します。

普通の女性よりも性に関するテクニックは豊富ですので、全身を走るような快感を毎日味わえることはほぼ間違いないと言ってもいいはずです。

しかし、風俗嬢をセフレにするのはそう簡単なことではありません。

風俗嬢をセフレにする上でのポイント

「風俗嬢をセフレにできればいいな・・・」

そう考える男はこの世にごまんといます。
しかし、実際にその思いを実現できているのは、限られたごく一部の男だけです。

つまり、ほとんどの男は風俗嬢をセフレにしたいと思うだけで終わりか、アタックしたけど撃沈して終わっています。

なぜなのか。
そこには次のような問題があるためです。

この問題をクリアすることが、あなたも風俗嬢をセフレにできる男になるために欠かせないと言っても過言ではありません。

風俗嬢はお客を男して見ていない

風俗嬢はお客を男性としては見ていません。
お客として来られた方は、どこまで行ってもお客なのです。

そう割り切れるからこそ風俗嬢という仕事ができているのですし、お客に口説かれたとしても、男として見ていないのですから簡単に落ちないのです。

つまり、風俗嬢にあなたを男性として見させることができるのか否かがカギを握ります。

風俗嬢が性に奔放だとは限らない

風俗嬢だからといって性に貪欲で奔放であるとは限りません。
もちろん、性に奔放で風俗嬢をしている人も少なからずいますが、必ずしもそうとは限りません。

もし性に奔放なのだとしたら、風俗嬢という仕事をしないほうが賢明です。
相手を自由に選べますらね。
性に奔放な女性なら、したい相手とやりまくれる状況を選びます。

しかし、風俗嬢は仕事として男性と関わる以上、基本的に相手を選ぶことができません。
風俗嬢という仕事は、性に奔放だからという理由だけで選ぶにはあまりメリットがないのです。

だから、「セフレが欲しい、それなら性に緩そうな風俗嬢がいいのでは?」という発想は、合理的なようで実はそれほど合理的ではないのです。

このような風俗嬢の本質への誤解が、風俗嬢をセフレにする上での障害になっています。

風俗嬢が求めることを提供できるコミュニケーションスキル

風俗嬢が男性に求めているコミュニケーションスキルを発揮すること。
スタートからゴールまで、これが常に大切です。

しかし、多くの男性は、”コミュニケーション”という言葉を見ると、自分は口下手だし・・・としり込みしたり、矢継ぎ早に相手に付け入るスキを与えないテンポで話すことをコミュニケーションスキルと思っていたりします。

そうじゃないのです。

たどたどしく、しどろもどろでも、風俗嬢が聴きたいこと、知りたいことを伝えることがコミュニケーションです。

そして、その内容から男性を感じられれば、お客としてではなく男性としてあなたを見てくれるようになります。

風俗嬢をセフレにしたいと本気で思うのなら何を伝えるべきなのか。

風俗嬢を惚れさせるテクニック」などの教材でも学ぶことができますが、風俗嬢とのコミュニケーションスキルを学ぶことも非常に重要です。

風俗嬢を落とす男と落とせない男の違い

風俗嬢を落とすうえでのポイントをご覧いただいて、なんとなくお分かりだと思いますが、風俗嬢をセフレにするために男性側に求められることは少し特殊でもあります。

一般女性と同じ感覚でコミュニケーションを取るとなかなかうまくいきませんので、次のような点を踏まえて行動することがとても大切です。

風俗嬢と一般女性の違い

これは優劣の話ではありません。
区別の話です。

女性と一口にいっても、一般女性と風俗嬢をされている女性は、同じ部分もあれば、違う部分もあります。

そこがどこにあるのか。
これは一般男性ではなかなかわかりません。

その違う部分が理解できること。これがとても大切です。
逆に言えば、そこを理解してくれる男性を風俗嬢は求めています。

”一般客としてのあなた”から”特別な男性”への壁の超え方

風俗嬢と付き合いたい。
そう思ってもそれを実現できない理由は、男性側の魅力不足云々だけではないことが大半です。

風俗嬢と付き合えない大きな理由は、風俗嬢があなたを「お客」という目線で見ているためです。
恋愛対象の男性という目で見ないように心のスイッチを切り替えて接客しています。

それはあなたを避けているとか拒否しているとかではなく、それができるからこそプロとして仕事ができるのです。それができない女性は風俗嬢として仕事をすることができません。

このスイッチの切り替えは本人にしかできない事なのですが、そのスイッチの切り替えができる男性が居て、そういう男性が風俗嬢をモノにしていきます。

つまり・・・

あなたはその風俗嬢を特別視していても、相手はあなたを特別視しているとは限りません。

悲しいことに、相手はあなたを男としてではなく、お客として見ていて、それ以上もそれ以下もないのが現実です。まずここを受け止める。

その上で、その女性を理解する。
自分の中に偏見はないのか、差別意識はないのか。その延長で、支配できそうな相手だからというマウントを取る意識で風俗嬢をセフレにしようとしていないのか。

そういった部分を見つめなおしていくことがとても重要です。
女性、とくに風俗嬢は男性のそういった意図に非常に敏感です。

それらに向き合い、風俗嬢をセフレにするにふさわしい男になれた時に、あなたを一人の男性として見てくれるようになります。

そういったプロセスは、デリヘル経営者が語る風俗嬢の落とし方マニュアル「風俗嬢攻略裏マニュアル」や、風俗嬢を次々にセフレにして言っている方が教えるノウハウ「風俗嬢ゲット解体新書」を参考にして頂けると、一気に前進できるかと思います。

よければ参考にしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました