ラブホテルへの誘導を高確率で成功させるためのポイント

成人向け

あなたもこのような事を思われてませんか?

  • ラブホテルへと女性を誘える男になりたい
  • できれば誘って失敗したくない

では、どうすればいいのか・・・という所で今悩んでいると思いますが、いかがでしょうか?

ラブホテルへと誘う。
それが必要だとわかっていても、断られたらどうしよう、嫌われるかもしれないと思うと躊躇してしてしまう自分がいる。でも、それでは進展がない。どうすれば・・・

そのモヤモヤを解決するにはどうすればいいのか。
そのヒントとなるようなポイントをまとめてみました。

女性をホテルへ上手に誘えることの重要性

女性をホテルに上手にいざなう。
それができるのかどうかが、その夜の成果を左右する場面は多くあります。

僕の経験だけを照らし合わせても、ホテルへ上手に誘うことができたのかどうかがすべての分岐点になっていることが確かにあります。

後に彼女となる女性であっても、ホテルへ誘うことができたから、その後があったのだとも思います。

もし、あの時に怖気づいて、その女性をホテルへいざなう事を躊躇っていたら、付き合うことはできなかっただろうし、他の男のモノになったことを知って、なぜあの時に勇気を出さなかったのか…と一生後悔していただろうと思っています。

女性をホテルに誘う。

このアクションが的確かつ上手になればなるほど、それ以降の人生は変わっていくというのは大げさでもなんでもなく事実です。

女性をホテルに誘うために大切なポイント

女性をホテルに誘うことができるのか否か。
それがその後の二人の関係を大きく左右するということは分かっていても、なかなか一歩を踏み出せない。

一歩踏み出すためにはどうすればいいのか・・・。

細かく言い出せばいろいろとありますが、ざっくりとまとめると、次の3つのポイントをどこまで丁寧に確実に抑えることができているのかが左右します。

流れ・ストーリー

ホテルへ行くというゴールを設定し、現時点をスタート地点として、どういう流れでそこまで持っていくのか。

その全体像やストーリーが見えないままでは、ホテルへ誘うというアクションがただのギャンブルになってしまいます。

心構えを整える

心構えを整える。
ここはとても重要なポイントです。

言い方を変えると「覚悟する」という事でもあるのですが、とにかく、この段階でつまづいている男が99%だと思うのです。

腹をくくって、自分がリードするのだと決心することがとても大切です。

2種類の後悔しかない

女性をホテルに誘うというアプローチにおいて、後悔と呼べるものは2つしかありません。

  • 誘ったが断わられて、引かれてしまう
  • 誘わなかったので、他の男に取られる

どちらかしかないのです。
誘わなかったら、その瞬間自分自身は傷つかずに済みますが、後日、他の男に抱かれることになり後悔するかもしれません。

もちろん、誘ったからといって絶対に上手くいくという保証はどこにもありませんから、最悪の結果になる可能性もあります。

でも、どちらかの後悔しかないのです。
どちらの後悔なら自分が納得できるのかを選ぶしかありません。

相手の気持ちを高める

ある程度の年齢を経ると、遅い時間までデートをすることイコール・・・という発想がよぎるようになります。

しかし、だからといってどんな相手とでもホテルに誘われたら行くというわけではありません。

その時の気分もありますが、デート内容はどうだったのか、デートに至るまでの相手の印象などの総合点が合格ラインを超えているのかどうかです。

その瞬間までにあなたが相手の気分をどれだけ高めることが出来ているのかどうかが重要です。

接触

手をつなぐなどの、接触の有無は非常に重要。

人は肌を触られると好感度がグンとあがるという心理理論もありますので、違和感のないボディタッチも非常に有効です。

OKしやすい言葉を用意する

女性がOKしやすい「誘い文句」を用意することもとても大切です。

こればかりは正解らしい正解はないので、想像力ともちうるスキルを総動員して考えるしかありませんが、OKすることがその女性の価値を落とすような事にならないようにする。

これがとにかく大切です。

例えば「一回だけ!」と懇願する。
これで落ちる女性が居ないわけではありませんが、今まで紳士ぶってたのに、豹変してこれを言い出したら興ざめですし、OKするわけがありませんよね?

例えば「今晩はずっと一緒に居ようよ」と言う。
何を言わんとしているかはこれだけでも伝わりますし、OKしても女性の価値が落ちることはありませんし、NOを言いやすい誘い文句ですから、変な緊張感が走ることもありません。

相手のキャラクター、あなたのキャラクターなどを踏まえて、いろいろな誘い方ができますので正解はありませんが、何パターンかを事前に用意しておいて損はないはずです。

ラブホテルへの誘導する上での注意点

万全の準備が結果にでる

ホテルに誘ってOKを貰えるのかどうかは、イチかバチかのギャンブル的な要素のように思っているとしたら、それは大きな間違いです。

当日の事前の準備、今までのメールやLINEの積み重ねなどを経てその瞬間を迎えるのですから、その過程で起きたことすべてがその瞬間に繋がっています。

だから、出るべくして出ている答えなのだと受け止める勇気が大切です。

Bプランを用意する

ホテルに誘っても、断られるケースもあります。
後ほど振り返って「こういういい方のほうが良かったかも・・・」など思うかもしれませんが、そういう反省は家に帰ってからすればいい事です。

ホテルに誘ったが断わられた直後でも、まだ切り返し方で状況がひっくり返ることもあります。

ラブホテルへの誘導の成功を左右するポイント

シンプルに落とし込めるのか否か

ラブホテルへの誘導を成功させるために重要なのは、そのプロセスをシンプルにできるのかどうか、です。必要最低限な要素に絞り込むことがとても大切です。

ラブホテルへの誘導が成功するのか否かに準備はとても大切ではありますが、準備をすればするほど成功確率があがるのかというと、そうではありません。

むしろ、準備をし過ぎたことによって、絶対に成功させなくては・・・と気負ってしまい、気負いが妙な緊張感や圧を生んでしまって女性が冷めることもあります。

大切なのは女性の熱を冷まさずに誘導することです。
そのために必要最低限なことは何か。ここを抑えられているのかどうかが、とっても大切です。

ラブホテルへの誘導ノウハウを習得できる教材

ラブホテルへの誘導を上達するには、何度も失敗を重ねながら経験を積み重ねていくか、高確率で成功させまくっている人の経験を自分のものとして取り入れるのかのいずれかしかありません。

もし後者の、成功者の経験・ノウハウを自分に取り入れたいと思われるなら、それに非常に役立つ教材がありますので、紹介します。

ホテル誘導メソッド大辞典

7年間で300人と関係を持った現役恋愛アドバイザーがホテルへの誘導シナリオの構築ノウハウを教えてくれるのが「ホテル誘導メソッド大辞典」です。

20代後半まで童貞だった男性だった方が作ったものですので、女に縁がない立場にいる時の辛さや原因を踏まえて、そこから脱して、ラブホテルに自然に誘導するスキルを学ぶことができます。

失敗のないラブホテル誘導法

有名恋愛アドバイザーの出水聡氏が教えるラブホテルへの誘導ノウハウ、誘導スキル教材「失敗のないラブホテル誘導法」です。
学べることはとてもシンプルかつ核心的なことです。

  • ラブホテルへ誘う前にやっておくべき行動
  • ラブホテルへ誘う時に使うべき言葉

この2点に焦点を当てています。
シンプルですが核心をついたノウハウですので、習得しやすく効果が得やすい、つまりコスパが高いノウハウとなっています。

最後に

ラブホテルへの誘導。
そこを自然に乗り越えることができるのか否かで、それまでのすべてが報われるのか否かが決まるといっても過言ではありません。

しかし、女性の立場からすると、そこまでの流れ、誘い文句次第では、そこで応じるのは自分としては許せない、認められないと感じる誘い方というものがあります。

一度断られるとそれ以上の展開に持っていく難易度は上がりますので、断られないようにすることがとても大切です。

では、どうすればいいのか。
ほぼすべてはあなた次第です。

シッカリとホテルに誘導するまでの流れが見えているのか、リスクを負う覚悟ができているのか・・・などなど。あなた次第ですし、つまりは準備次第です。

そこを理解して、シッカリと準備が出来ているのならきっとホテルへ誘ってもOKがいただけるはずです。

勇気が必要とはなりますが、避けては通れない道だと覚悟して、最高の準備を行うことをオススメします。

タイトルとURLをコピーしました