LINEで女を落とすためのポイント

メール・LINE

スマホ主流の現代において、代表的なコミュニケーション手段は「LINE」ですよね。

あなたもLINEを使われていると思いますし、僕も使っています。
他の方もスマホを持っている方ならほぼ必ずと言っていいほどLINEを使っています。

そんなライン。
女性とのコミュニケーションの第一ステップでもあります。

  • 「ラインを聞く」、そして「ラインで会話をする」。

その段階をクリアして、次の段階があります。

つまり、ラインでのコミュニケーションの上手い下手が、その後の成果に直結していると言っても過言ではありません。

ハッキリ言えば、女性とやりまくれる、彼女がすぐにできる男は、このLINEのコミュニケーション能力が非常に高いのです。

LINEが上手い男がモテる理由

LINEが上手い男がヤリまくれる、彼女が尽きないと言われても、特に不思議にも思わないのではないでしょうか?

実際にあなたの周りでもモテている男って、そういう男ではないでしょうか?

LINEでやり取りをして、次に会った時にはホテルへ・・・というケースも珍しくありません。

なぜそのような事が起きるのか。

LINEってデートなんです。

少し前の男女のセオリーで言えば、3回デートしてからキスとかホテルという流れがありました。

当然今でもそれぐらいの余裕を持つほうが良いのですが、その3回のデートの1回分、2回分をLINEでのやり取りで味わえているのです。

だから、初回のデートと言えども、2回目や3回目のデートのような感覚を女性は味わえますから、次々に落とせてしまうのです。

LINEが上手い男が女を次々に落とせるのは、むしろ当たり前の事なんです。

LINEで女を落とす時の3つのポイント

LINEで女性を落とす男は、LINEでのコミュニケーションが上手いのだとしたら、そのLINEではどのようなやり取りをしているのか。

具体的な内容は相手によって変わってきますが、重要なポイントは次の3つにあります。

軽さ・重さ

そのメッセージの内容の重量をコントロールできるようになると、メッセージに幅ができますので、コミュニケーションにも幅が出しやすくなります。

例えば、ラリーを気軽に続けたいなら軽い文体で行くほうが良いです。ただ、内面も軽いと思われるリスクがあるため、軽い文体一辺倒はそれはそれでリスキーです。

だから時に重い文体で行くと真剣さや真面目さが伝わって良いのですが、重い文面一辺倒は、やり取りがストレスになります。

どちらか一方に偏ることなく、相手とのラリーの内容によってメッセージの重量を変える事ができると、上手なコミュニケーションを成立させることができます。

ペース

メッセージを返すタイミングやペースを意識的にコントロールできれば、相手の心理面をくすぐることができるようになります。

相手からメッセージが来て、直ぐに返事をする。
これが出来るに越したことはありません。

仕事でも恋愛でも、できる男は返信が速いです。
ただし、いつもいつも返信が速いと、「暇なのかな?」とか「この人、必死だな」という印象にも繋がります。

基本はテンポよく、返信は早めに越したことはありませんが、メリハリをつけることも大切です。

そのメリハリが、返信が出来る時は真っ先に返信をしてくれる、でも、仕事中などは返信しないという仕事を一番にする男という印象を与えることもありますし、気分屋さんで自由な人という印象や、他にも女が居るのかな・・・?というライバル意識を芽生えさせることになったりもします。

ノリ

波長を合わせるといったほうがいいかもしれません。
相手の語調、雰囲気を合せていくという事も大切です。

少し言い方を変えると、感情を表現するとも言えます。

楽しいと思った時に、その楽しさを表現できる人はノリがいい人ですし、表現しない人はノリがイマイチと言われがちですよね?

そして、ノリがいい人の方が、何を感じているのかわかりやすいので、親しみやすさに繋がります。

ラインでのコミュニケーションでは、この感情の表現を上手くできるほうが、いい方向に転がりやすくなります。

ただ、わかりやすさは時にはつまらなさにも繋がります。
相手への興味というのは、”謎”の有無でもありますので、なんでもかんでもわかりやすいほうが良いということではありません。

それを理解して、わかりやすさを出したり、わかりやすさを出さなかったりのコントロールができるようになると、相手はもうくぎ付けになります。

LINEで女を落とす時の注意点

3つのポイントを意識することで、LINEでのコミュニケーションを介して女性を落とす可能性を高めることはできます。

女性への好意を感じさせつつ、興味を引き寄せたり、安心感を与えたりを繰り返しているうちに、どんどん二人の距離を縮めることができます。

ただ、その上で注意点はあります。

失敗はあるが地雷は踏まない

完璧さを求めすぎると、重くなったり、言葉が遠回しになったりと、逆効果になります。
失敗を過度に恐れないぐらいで丁度いいのです。

スリーアウトぐらいまでは許容されますから、必要以上に恐れなくても大丈夫です。

ただ、相手の地雷を踏まないことだけは意識をしたほうがいいです。

男性には気にならないことでも、女性には非常に気になるテーマの話題もありますので、軽々しく踏み込まない意識、いわゆる男女間のマナーが大切です。デリカシーとも言います。

意外とそこが分からなくて失敗する男性は多くいますので、失敗が多いと思うのならデリカシーがない言動をしていないのかをチェックしてみることをオススメします。

土台となるテクニックの有無

ラインでのコミュニケーションというのは、基本的に密室での会話です。

あなたと相手しか知り得ないやり取りです。

だからこそ盛り上がることもできるのですが、だからこそ、失敗に終わった時に何がどうダメだったのかわかりにくいというデメリットがあります。

後から振り返って、何がダメで、どうやり取りすれば正解だったのかがわからないので、改善しようもないし、改善できないのでいつまでたっても上達しません。

モテる人がLINEでもどんどんモテるようになり、モテない人は何をやってもモテないままな理由はこれです。

基本となる”型”がないので、改善できないから上達しないのです。

正しい型をマスターしていると、この部分で失敗したかもな・・・と後で反省できますし、改善もできます。

でも、正しい型がないままですと、何が良くて何がダメなのかわからないので、「ま、いっか。仕方がない」という割り切り方しかできず、成長もしませんから、同じような失敗を繰り返すことになります。

LINEという密室での文字中心のやり取りの場合、”型”の有無はそのまま結果に出ます。

LINEマスター」などの教材を基に、型を習得することを意識してみてください。
一気に成果が出ることもありますよ。

タイトルとURLをコピーしました