ホステスを落とす男になるということ

恋愛

夜の水商売で働く女性、ホステス。
キレイで魅力的な女性が多くいます。

そんな女性と一晩限りでも関係を持ちたいと思う男性は多くいますよね。
そして、その願望をかなえている男性も当然多くいます。

自分もそんなホステスを落とせる男の一人になりたい・・・と思われているのなら、どうすればそういう男になれるのか。

ホステスを落とせる男になるためのポイント

ホステスが一晩限りであっても、二番目であっても関係を持ち続けたいと思う男性には共通点があります。

それを紹介させていただきます。

チカラを持っている

筋力という意味だけでの”チカラ”ではなく、もっと大きな意味での”チカラ”です。

例えば・・・

  • 経済力 ・・・ お金を多く持つ男性はいろいろなことを実現する力を持っている事にもなりますので、その経済力に惹かれるホステスがいます。ここは分かりやすいですよね。
  • 社会的地位 ・・・ 社会的な地位を持つ男性にも女性は惹かれやすい側面があります。社会的地位のある男性は安定した経済力や、同レベルの人たちの繋がりを持っていますので、そこに惹かれるホステスが居ます。
  • 発信力・影響力 ・・・ いわゆる有名人と言われる、発信力や影響力を持つ男性もホステスにモテます。
  • 決断力 ・・・ 決めなくてはいけない時に、自らリスクを取って決断できる男にホステスさんは惹かれます。
  • 包容力 ・・・ 女性を包み込む優しさ、理解力を持つ男性も、ホステスさんにモテます。
  • 筋力・・・ わかりやすくマッチョが好き!鍛えている男性好き!!というホステスさんは多くいます。

このような”チカラ”を持つ男性は、ホステスにもモテます。

信念を持っている

強い信念を持っている男性も、ホステスさんにモテます。
個性と呼んでもいいかもしれません。

簡単に表現すると・・・

  • 他の人はそうかもしれないが、俺はそう思わない。俺はこう思う。

という意思を強く感じる男性に女性は惹かれます。

もちろん、その意思の中身は大切なのは言うまでもありませんが、自分の意見を簡単に曲げたり、自分の意思で生きてない男は、お客として見ることは出来ても、男として見ることは出来ません。

ずば抜けた見た目

問答無用と言いますか、これを言ったらおしまいかもしれませんね。

見た目が良い男はやはりモテます。
ホステスさんだからどうとかじゃなくて、イケメンがモテるのは当たり前、そういうものです。

見た目がいい女性を男性が好むのとまったく同じです。

ただ、こればかりは生まれもったものという部分がほとんどですのでどうしようもありません。
見た目で勝負ができないのなら、他の要素で勝負すると割り切ることが大切です。

ホステスを落とせる男になる上での注意点

ホステスを落とせるような男になるためには、ホステスが嫌う男にならないことという大原則があります。

嫌われない男になれば落とせる男になれるというわけではありませんが、嫌われる男は、ホステスが嫌い、ホステスの間でも評判となり、完全に男として低く見られてしまいます。

それを避けるために、常に次のようなことを意識することが重要です。

結果はすべて自分の責任という意識

モノにしたいホステスが居て、頑張ってみた。
でも、ダメだった。

ここで文句を言いたくなる気持ちはわかりますが、そこで文句を言わずにグッとこらえることができるのか否かがとても重要です。

「あいつのためにXX円使ったのに!」のような恨み節は絶対にダメです。
こういう事を言う人間性だから、その女性には見向きもされなかったのかもしれません。

常に「結果の責任は自分にもある」という視点で振り返り、自分を高めることをクセにすることをオススメします。

確かな情報源から学ぶ

ホステスを落とした男性は多くいます。
夜の街のちょっとした飲食店に行けば、武勇伝として語ってくれる人が必ずいます。

しかし、その手の人は上手くいったことしか言いません。
100人にアタックして1人しか落とせてない男でも、まるで100発100中で落としたかのような勢いで語り、コツを教えようとします。

ネットでもそういう男が書いた記事が溢れてますよね?
ハッキリ言って、そういう男のコツも、その手の記事も、無意味です。

無意味どころか、余計な迷いを生むだけなので無価値です。

大切なのは、ホステスやキャバ嬢視点から見た「モテる男」を学ぶことです。
しかも、その世界に長くいる女性であればあるほど良い知識やノウハウを学べますので、「出会って2秒で子宮をキュンキュンさせる男になる方法」などの教材でシッカリと学ぶ。

それがホステスにモテる男になる近道でもあります。

タイトルとURLをコピーしました