初デートでセックスまで持っていくためのポイント

ナンパマニュアル

あなたもこのような事を思われてませんか?

  • なるべく最短でセックスまで持っていきたい
  • 初デートから最後まで行く流れを作りたい

そう思ってはいるが、どうすればいいのかよくわからない。
あまりガツガツしすぎて嫌われるのもイヤだし。

でもチャンスを逃したくないし・・・。

どっちつかずな感じで迷われているとは思いますが、チャンスを逃さないためにも、初デートでセックスまでいくのを基本路線に、プランBとしてそれが無理な場合という路線を用意することをオススメします。

それはこんな理由からです。

初デートでのセックスを意識する大切さ

初デートでは手をつなぐだけ。3回目のデートで・・・。

そんなセオリーもあります。
ただ一つ気づいておくべきことは、そのセオリーに相手の女性も同意しているとは限らないということです。

相手の女性は、初デートから抱かれるつもりで来ているかもしれませんし、そのつもりで来ていたのに抱かれなかったらどう感じるでしょうか?

大切なのは、何回目だから何をするという決まり切ったセオリーではなく、初回からいつでも最後までいくつもりはあるが、相手の歩調に合わせられる余裕です。

初デートでセックスに移行するためのポイント

初回からセックスまでいけるが、余裕をもって何回でもデートに付き合うよというスタンスでデートに望むことが理想だとして、その初デートでは何を意識すればいいのか。

そのポイントとして次のようなものがあります。

信頼関係の構築

初デート前のやり取りの中で、信頼関係をいかに構築しているのかが大切です。
信頼関係こそがすべてだと言っても過言ではないぐらいです。

例えば、小さな約束でも守る心がけを大切にする。
自分の言ったことは、必ず実行する。

そのような信用や信頼の積み重ねで、相手は心を開いてくれるようになりますし、それが二人の関係性を深めることにもなります。

流れに合ったプラン

もし初デートでセックスができる流れになった場合・・・を想定したプランを用意しておく。

同時に、相手はそういうつもりじゃないと判断した時の別プランも用意しておき、柔軟に対応できるようにしておく。

一つのパターンに固執しすぎるとグダグダになりますので、せめてOKパターンとNGパターンの2つを用意しておきましょう。

清潔感

清潔感はとても大切です。
例えば、爪の手入れをしている、していないだけで伝わる印象は正反対になります。

普段から意識していなければできないことも多くありますから、デートの有無に関係なく、清潔感を保つ努力を習慣化することは大切です。

チャンスは逃さず優雅に

初デートでセックスができることもありますし、できないこともあります。

だから、できるチャンスがあるなら逃さないこと、できないと感じたらサッと引いて次につなげるようにするという切り替えが大切ですが、欲望が絡むとこれがとても難しんです。

だから、チャンスは逃さないけど、そうじゃない時にはがっつかない。
そんなライオンのような自分自身をイメージすることをオススメします。

初デートでセックスに移行するための注意点

初デートでセックスにもっていくためのポイントを紹介させていただきました。
特に異論もなく、確かにそうだよねと思って頂ける点が多かったのではないでしょうか?

その上で、初デートにセックスを実現する上での注意点を紹介させていただきます。

流れの設計がとにかく重要

初デートでセックスまで持っていくのなら、逆算して当日の計画を練ることが大切です。
どこに行くのかというデートコースだけではなく、何をどのように話すのか、まで。

しかし、相手が初デートでセックスまで望まないなら、平和なデートを送る。
そのデートも、最高のデートとなるように設計する。

その2つのパターンを明確にイメージできるかどうかがポイントです。

いずれも女性の感情を高めるシナリオをあなたが設計できるのか否かにかかっています。
もし女性の感情をどう高めていけばいいのかわからない・・・と思われるなら、今はそこに焦点を当てて勉強をすることをオススメします。

女性の感情を高めるノウハウ教材

女性の感情を高めて、初セックスまでスムーズに移行するにはどうすればいいのかをまとめている教材「連れ出し後会話テクニック」

プロレベルのナンパスキルを持つ男は、何をどうイメージしているのか。
どう思い描いて、最短ルートを進もうとしているのかについて学ぶことができます。

有料ではありますが、このような実績のあるノウハウを学ぶことで成功体験を得やすく、試行錯誤の時間を短縮することにつながりますので、一歩踏み出して学んでみるというのも必つの方法です。

最後に

初デートからセックスまで一気に持っていく。
その意識でデートに挑むこと、そのシナリオを思い描くことは、むしろ健全なことだと思います。

いかに信頼関係を築くのか、いかに相手の気持ちを高めていくのかという、繋がりを作り、育てる意識がなければできないことですから、結果的に相手を楽しませようという姿勢につながります。

ただ絶対に上手くいく保証はありませんから、別プランも用意して長期的に挑む余裕も持ち合わせることも大切です。

その余裕が、結果的に次のチャンスに繋がったり、今回のデートで望む成果を手に入れることにつながるかもしれませんしね。

タイトルとURLをコピーしました