モテる男性フェロモンをオナ禁で爆発させるためのポイント

オナ禁マニュアル

こんなことをあなたも思われてませんか?

  • 今だけじゃなく、一生モテ続ける男でいたい
  • 追うのは惨めだ・・・追われる男になりたい
  • 女性が無視できない、オーラがある男になりたい

それらを実現できる秘訣は男性の内側からあふれ出すフェロモンにあります。

女性の無意識、女性の本能を刺激し、あなたを男性として求めるようになるテストステロンという男性フェロモンをいかにあなたの中からあふれ出させるかに秘訣なのです。

女性を魅了する男性フェロモンとは

人間も所詮は動物です。

所詮と書くと人間を低く見ているかのように感じるかもしれませんが、そういう意図ではなく、結局は理屈ではどうしようもできない本能的なもので動いている生き物なのだということです。

お腹が減れば食べるし、眠くなれば寝ます。
それと同じで、すべての人間には性欲が備わっていて、その性欲を満たしたいと思って異性を求めるのです。

なぜ性欲があるのかというと、子孫を残すためです。
その子孫を残す相手として、遺伝子的に優秀か否かを判断する材料が”フェロモン”なのです。

ユタ大学のデービッド・バーライナー博士が発見した成分なのですが、言い方を少し変えると、性交する相手として相応しいか否かを判断するシグナルとなる分泌成分のことを指しています。

そのフェロモン、脇や耳の後ろなどから分泌されます。

その分泌されたフェロモンは無味無臭で自覚できないものなのですが、鼻の先端に感知する機能があり、そこで完治したフェロモンは情報として脳にダイレクトに伝わります。

その情報の中には、性交すると優秀な子孫が残せるのかいなかを判断する情報が含まれていて、優秀な子孫を残せる可能性が高いと脳が判断すると、その相手を性交パートナーとして意識するようになります。

つまり、無意識に相手のフェロモンを感知して、性的に自分と合う相手なのかどうかを判断しているの、フェロモンを強く放出できる男性は女性からモテやすくなります。

男性フェロモンを分泌するには

男性フェロモンを多く分泌する男はモテて、そうじゃない男はモテない。

そんな簡単なものじゃないと思うかもしれませんが、人間も動物なのです。
動物的本能には逆らえません。

だから、動物的本能に逆らおうとするよりも、動物的本能を利用する。
つまり、フェロモンを多く放てる男になるにはどうすればいいのか。

それには次のような方法があります。

筋トレをする

男性フェロモンの正体はテストステロンという男性ホルモンだとされています。

テストステロンは筋肉を作ったり、決断力を高めたり、闘争本能を目覚めさせるなどの、男性的な要素を引き出してくれる成分ですが、そのテストステロンは筋トレによって分泌を促進することができます。

筋トレをすることで筋肉がついて逞しくなるという見た目の変化だけではなく、男性フェロモンという、見えない部分での異性を魅了する効果もあるのです。

亜鉛を多く摂取する

亜鉛はテストステロンの分泌を促進する作用があるとされていますので、亜鉛を摂取するのも効果的です。

亜鉛のサプリメントで亜鉛を手軽に取ることもできますし、牡蠣や赤身肉も亜鉛が豊富に含まれていますので、意識的にそれらを摂取することも効果的です。

睡眠をシッカリと取る

テストステロンは睡眠時に多く分泌されるとされていますので、睡眠をシッカリとることも重要です。

睡眠不足をやめて、決まった時間に床にはいり、シッカリと睡眠をとることも大切です。

オナ禁をする

オナニーを一定期間断つことも、男性フェロモンを多く分泌させる上で非常に効果的です。

射精をしたいという衝動は、子孫を残したいという動物的本能からくる強烈な欲望ではあり、それを抑え込むためにオナニーという手法を取り入れます。

しかし、性的欲望を手軽に満たすことによって、それ以上のテストステロンの分泌を促せないという見方もあります。

つまり、オナニーをある程度断つことによってより多くのテストステロンを多く分泌させて、強烈な男性フェロモンをまとう男になるという考え方です。

オナ禁で男性フェロモンを爆発させる

男性フェロモンの分泌を促す効果が高いして、注目を浴びているのが「オナ禁」です。
その理由として次のようなことがあるとされています。

放出を止める行為

男性フェロモンの分泌を高める行為の中で、唯一と言ってもいいかもしれません。
放出するという行為が伴います。

その放出によって動物的本能の高まりを抑えることができます。これは男性ならわかりますよね?
その放出を我慢するのがオナ禁です。

筋トレなどのように”行う”ことで分泌を促すのとは逆の、”行わない”ことで動物的本能に刺激を与えて分泌を促すという逆方向のアプローチなのです。

何もしない。
その積み重ねでどんどんどんどんパワーが溜まっていくという性質のものですので、一気に爆発的に男性フェロモンの分泌を促す上での有効なアプローチとして注目されています。

(”何もしなくてもいい”という手軽さもあります)

オナ禁を成功させるために

オナ禁を実践すれば男性フェロモンの分泌が刺激され、男らしさが高まる。
だからオナ禁をやるぞ!と実践を試みるも、なかなかうまくいかない人が多いのがオナ禁でもあります。

それにはこのような理由があるためです。

性欲コントロールの選択肢を作る

オナニーをする理由は、端的に性欲を抑えるためですよね。
ムラムラするからオナニーをします。

その手法を断つとがオナ禁です。

では、それによって高まる性的エネルギーはどうすればいいのでしょうか?

その手法、その選択肢を持たない人がほとんどだと思います。
あなたもそうなのではないでしょうか?

つまり、オナ禁を成功させるには、オナニーを断つことによって高まる性欲を制御するための手法や環境を用意することが大切でもあります。

「断射塾」などのオナ禁の成功をサポートする環境や、「断射プログラム」のような心理カウンセラーが教えるオナ禁の衝動をコントロールするメソッドもありますが、こちらも考え方の土台は同じです。

性的エネルギーを抑えるだけではすぐに限界がきますので、性的エネルギーを自身の成長などに転換することで、オナ禁を成功させるというものです。

そういった、オナ禁を成功させやすい環境を性欲をコントロールするための選択肢として持つことも成功の秘訣です。

まとめ

男性フェロモンを多く分泌することによって、女性を本能的に魅了することができるようになります。

それはテストステロンという男性ホルモンが増えることによって、女性を魅了するようになるためです。

では、男性フェロモンを多く分泌するにはどうすればいいのか・・・。

その手法は複数ありますが、もっとも手軽かつ動物的本能を刺激する手法でもあるとして、オナニーを断つ=オナ禁を取り入れる人が増えています。

ただ、オナニーを断つことによって男性フェロモンが刺激されることにはなりますが、性的衝動は強くなり、性欲は高まります。その高まる性的衝動や性欲を、いかに自身の魅力へと効率よく転化していけるのかがオナ禁成功の秘訣でもあります。

その秘訣をシッカリと抑えたオナ禁を導入できれば、短期間で、女性を魅了できるような男になることも、決して難しい話ではなくなります。

タイトルとURLをコピーしました