女性にモテる会話・女性を口説く会話をマスターするための基本

コミュニケーション・会話術

あなたもこのような事を思われてませんか?

  • 女性と楽しく会話がしたい
  • 女性がグッとくるようなフレーズを言いたい
  • 女性を口説き落とせる男になりたい

会話が上手くなり、その会話で女性と濃密な関係を作りたい。
男性ならそう思うことがあるのは当然のことです。

しかし、実際に口説き落とせるレベルの会話ができる男は限られていて、ほとんどの男は会話だけで女性を魅了することができません。その違いはどこにあるのでしょうか?

また、それをマスターするにはどうすればいいのでしょうか?

そんなことをまとめました。

女性にモテる会話とは

女性にモテる要素の一つとして「会話」があります。

見た目も当然大切ですが、見た目は最低限の清潔感を保っていたらたいていはOKが出ます。
そのあと、話してみて、楽しいのかどうか、価値観があうのかどうかが重要になってきます。

つまり、会話です。

そこで女性が楽しいと感じ、一緒に感じることが出来れば、次のステップが生まれますし、会話がイマイチなら「見た目は悪くないけどね」で終わります。

見た目が良くても会話がつまらないなら次のチャンスはないし、見た目が普通でも会話が楽しいなら次のステップがあります。

会話能力の高い低いがそのまま成果に直結します。

女性を口説ける会話スキルの重要性

女性を口説けるレベルの会話スキル。
それを持っていると自覚している男はそれほど多くないのではないしょうか?

これを読まれているあなたはいかがでしょうか?
女性を口説ききる会話スキルに自信がありますでしょうか?

会話が重要なのはもとより、さらにその会話で”女性を口説く”となるとグンとハードルが上がって感じると思いますし、どうすればいいの?が想像もつかないと思うのです。

逆説的にいえば、だから口説くことができないとも言えます。

女性にモテる会話ができるようになるためのポイント

女性との会話を楽しむためにはどのようなことが重要なのか。
また、口説き落とすとなるとさらに何が必要なのか。

その要素をピックアップさせていただきます。

リズム・テンポ

話しやすい会話のリズム、テンポというものがあります。

実際にあなたも「この人との会話のリズムはラクチンだな」と感じる相手っていませんか?
そういう人と一緒に居る時間が増えてませんか?

リズムやテンポが合うということも、女性との会話ではとても大切です。

ネタ、引き出し

会話のネタは相手によって変わっていくものです。

実際、あなたも会社づきあいの人とする会話と、幼馴染とする会話は内容が違いますし、違っていて当然ですよね?状況も役割も違いますから。

それと同じで、女性と話す時にも、女性が話しやすい会話ネタ、女性が嫌がる会話ネタ、深い関係に持っていく時の会話ネタというものがあります。

それをシッカリと事前にストックしていて、使い分けができる男はモテます。

質問

質問の仕方が上手い人は女性にモテやすくなります。
会話の中での質問というのは、誘導したり、引き出したりと、方向や深さを変える重要な役目を担っています。

例えば、初対面の女性の事を知る時には、いろいろと質問をしますよね?
質問をして答えを引き出して、相手への理解を深めますよね?

質問を上手に使い分けることができる方は、その女性の好みや本音などを知ることができ、好みや本音を知ることができます。

そこから次のステップへつなげる糸口を見つけることができますので、効率よく女性を落とすことができるようになります。

雰囲気

話しやすい雰囲気、空気感も大切です。
話しにくい空気は息苦しくなり、一刻も早くその場から逃げ出したくなります。

まずはリラックスした雰囲気を醸し出す。
その雰囲気の中で会話をしていくという、環境づくりも大切です。

清潔感を大切にする

見た目の清潔感はもとより、現代の女性はムダ毛や歯などの細部に至るまでチェックしていると言います。

現代女性のフィルターにかなう清潔感を醸し出すことができればベスト、そこまでの清潔感が難しい場合は、せめて髪の毛はシッカリと整えて、髭や眉毛などの毛をちゃんと整える。

そのような清潔感を保つことで女性は初めて聞く耳を持ってくれます。

笑いを作る

会話の中に、笑えるポイントをシッカリと作れる会話を実践することも大切です。

笑いは、互いの距離を縮め、緊張感をほぐしてくれますので、笑いを取って損するということはありません。

大笑いを取る必要はありません。
フフッとか、くすっと笑えるレベルの笑いをたくさんとると、好印象を持ってもらいやすくなります。

いじり話法

女性をからかってから、フォローする。
そんな下げて上げる話法を”いじり話法”と言います。

このいじり話法を使われた女性は、感情を激しく揺さぶられますので、その会話が強く印象に残り、また、感情の揺さぶりを恋愛感情のそれと錯覚して恋心に火が点くことも少なくありません。

女性を口説くなら、マスターしておきたい話法の1つです。

長期戦も視野に入れる

今この会話でなんとかしようとするよりも、次の機会を作るために会話をするという意識を持つことも、女性に好感を持ってもらいやすくなります。

もちろん、次の機会は今の距離感よりも近い距離感で会話することを目的にして、今の会話を楽しむ。

その積み重ねで、いずれ女性とゼロ距離での関係を持てるようになるという考え方です。

好意を伝える

その女性に対して、自分はどう思っているのかをあらかじめ伝えるという方法もあります。

「タイプです」「抱きたいです」などなど、女性に対して自分の好意を伝えることで、その女性が持つこちらへの印象が大きく変わることもあります。

好意を伝えられると嬉しいですし、どうしても意識してしまいますからね。

聞き役に徹する

話し上手は聞き上手という言葉は本当で、女性にモテる男はきまって聞き上手です。

では、聞き上手とは何か・・・という細かい部分を挙げるとキリがありませんが、1つに「余計なことは言わない」ということがあげられます。

余計な一言は決して言わない。
うんちくを垂れたり、説教したりなんてしません。

女性が話したいように話してそれを聞きまくる男は、モテる傾向にあります。

共感する

女性の話している内容を受け止めて、シッカリと共感できる男はやはりモテます。
この”共感する”という行為、多くの男性が苦手としているものでもあります。

簡単に言えば、女性の感情を理解するということなのですが、男性は感情よりも理論を優先することを求められる生き方をしていますので、どうも、感情というものが苦手です。

しかし、女性は感情の共有を求める傾向にありますので、感情を共有してくれる男性には安心感や一体感を覚え、一緒に居たいと感じやすくなります。

本音を引き出す

上手に共感ができるようになると、その女性の本音に近づくことができるようにもなります。

自分の想いを理解してくれる→じゃあ、これも理解してもらえるの?→これも理解してくれるなら、これは?を繰り返し、どんどん本音に近づいていくためです。

本音に近づくことができればできるほど、それは他の人とは違う特別な存在として認めてもらっていると理解しても間違いありません。

褒める

定番ではありますが、”褒める”のも女性を魅了する一つの武器になります。
シンプルに褒められたら嬉しいですしね。

ただ、なんでもかんでも褒めればいいってことでもありません。
ほめ過ぎると「褒めて機嫌を取ろうとしてるな」と怪しまれて、逆効果になります。

褒めるべきポイントをシッカリと見極めて、的確に褒めることができる男性は女性から好感を得やすくなり、関係が進展しやすくなります。

女性にモテる会話ができるようになる上での注意点

上記のポイントを意識して女性と会話を重ねることができれば、会話が下手だと思われることは先ずありません。むしろ、話しやすいなどの高評価を得る機会がグンと増えるようになります。

ただ、モテるための会話を重ねるためには、次の点を注意すること。
ここがとても大切です。

女性の気持ちを軸にする

好みの女性が居て、会話をするチャンスがもしあなたに訪れたら。
「この女性を落としたい」という気持ちでいっぱいになりますよね?

当然です。
そう思うのは正直なところだと思いますし、何も悪い事ではないと思うのです。

ただ、それは”自分自身の欲望”という基準で物事を考えているという事は注意したほうが賢明d背う。

女性を落とす時には、女性が「この人となら一晩なら・・・」「この人ともっと一緒に居たい」と思うことであなたの望みは叶えられるのです。

だから、”その女性の気持ち”を軸にして物事を進める意識がとても大切です。

エッチするには3回目のデートで・・・と聞いたので、それを頑なに守って、初回のデートでエッチができるチャンスがあってもみすみす逃す男はバカですよね?

会話も同じです。

相手の気持ちの変化に焦点を当てて、その変化に合わせて変えていける男がモテる男と呼ばれるようになります。

内面の充実が大切

何よりも自信。
自分に揺るぎない自信を持っていることが大切でもあります。

あなたと会話をした時に伝わる印象が、自信がなくてビクビクしているのか、それとも、ドンと構えて堂々としているのかで、まったく印象が変わります。

当然多くの女性は、ドンと構えている男性に惹かれますので、内面を充実させることが大切だという考え方です。

がっつきすぎない

女性を口説きたいがためにガツガツと行く。
これも時には大切かもしれませんが、終始ガツガツしているのも、女性からすると嫌悪感や恐怖の対象になります。

意欲を感じさせることも大切ですが、その意欲だけで行動していると思われると引かれるので、その程よい加減がとても大切になります。

いい人どまりにならないこと

いい人と思われることを捨てる。
これだけで、女性と会話する時のあなたのスタンスがガラッと変わるはずです。

「でも、そんなことをすると女性を怒らせるのでは?嫌われるのでは?」

そう思うかもしれませんが、そう思うからこそ、女性に媚びた弱い男になってしまっているのではないでしょうか?

つまりはいい人です。
いい人だから無害無毒だけど、だから、居てもいなくてもいい。

そう思われてませんか?
いい人と思われなくてもいい。

そういうスタンスで女性と接することができれば、女性の反応は変わります。

女性を口説く会話ができる男になるために

女性を口説くためにはこうすればいいとする知識は多く溢れています。

そのポイントと注意点をギュッと凝縮してここまで紹介してきましたが、これをすべて実践できれば確かに女性は落ちると思うかもしれませんし、ここまでの事ができれば苦労しないよって思われたかもしれません。

安心してください。
満点は不要なんですよ。

大切なのは、学ぶ環境と継続です。

不十分でOK

女性を落とすには、まるでスーパーマンのような男にならなければいけないの?

そう思われるかもしれません。
情報を集めすぎると、そういった間違った幻想にはまりやすくなります。

むしろ、正反対なんです。
欠点を消すと、その人の魅力は消えますし、人との接点も消えます。

欠けている部分が個性を生み出していますし、弱点や欠点があるから、それを助けようとする人の繋がりが生まれていくのですから、完璧になるほど、人が寄り付かなくなります。

不十分なあなただからこそ、魅力があるのです。
だから、スーパーマンにならなくては・・・という発想は間違いです。

女性を落とす流れが大切

イメージできないことは、実現できないと言います。

女性と落とすための会話のイメージが生まれなかったのなら、それはつまり、女性を落とすための会話はできないということです。

要するに、”今のあなた”が”女性を落とすイメージを描ける”ようになることが一番大切で、そのイメージを描くための知識が欠けていることが、現状を生んでいます。

だから、女性を落とすためのイメージを描ける知識を得る事こそが大切なんです。

要点を抑えたことによってイメージが鮮明になったのならきっとうまくいきます。
それでもイメージできない、まだ失敗するイメージしか浮かばないって事なら、スタートからゴールまでの流れをイメージできるようになる学習が重要です。

努力の継続

多くの人が嫌いで避けていて、でも、一番効果があること。
それが”努力の継続”です。

自分を磨いて向上させる努力を重ねる。
その努力とは、会話スキルを磨くための練習などです。

それを継続する。
これができれば絶対に会話が上達します。

逆に言えば、そのような努力もなく会話が上達することも、会話が上手くなった人もこの世にはいません。生まれつき言葉が話せた人は居ないのですから、言葉も会話も生きながら練習してマスターしたものだからです。

だから、努力を継続させることができれば、会話力は必ず上がります。

良い手本に出会う

会話力を上げることに関わらず、お手本となるものがあるのかないのかの違いは結果に大きな違いを生みます。

今の時代、独学で何かをマスターすることもできますが、その独学も何をお手本にするのか、誰をお手本にするのかで、どのようにどれぐらい成長するのかは決まってきます。

だから、いいお手本を見つけること。これがとても大切です。
そのお手本は、ネット記事でも、書籍でも、動画でもなんでもいいのです。

自分が得たいスキルを得られると思う教材があれば、それを愚直にコピーする。自分のモノにする。その積み重ねで成長していきますので、いいお手本を見つけることはとても大切です。

ちなみに、以下のような目的を達成するノウハウがまとめられた会話マニュアルが今はありますので、そちらを参考にしてみることもオススメします。

女性にモテる会話マニュアル一覧
女性にモテる会話マニュアル一覧 女性を一気に盛り上げ釘付けにするネタ100選 合コンで場を盛り上げる方法マニュアル「女性を一気に盛り上げ釘付けにするネタ100選」 たった1回の電話で女性との恋愛距離を一気に縮める方法 電話で好きな女...

最後に

人間同士のつながりは、つきつめると会話によって成立しています。

想いを言葉にしたり、情景を言葉で表現したり。
思い描く女性を口説き落とすまでの流れを、言葉によって誘導したり。

言葉が二人の関係を繋ぎ、進めていくことになりますので、会話の持つ役割や役目はとても大きなものです。

だからこそ、会話力を上げれば上げるほど、恋愛もいい方向に転がりやすくなります。

ただ、会話力を上げるには、一日、二日でどうにかできるものではありません。
学んで実践して、反省して、改善して・・・を繰り返しながら成長していくスキルですので、日々の努力の継続が不可欠です。

逆に言えば、日々の努力を惜しまない覚悟さえあるのなら、あなたの会話力を高めることはできます。

ただ、なぜ会話を磨きたいのか。
その目的にあったお手本を選ばなければ、望む成果は得られません。

英会話が上達したからといって、韓国語も使えるわけではありません。

モテることを目的とした会話を学ばなければ望む成果は得られませんので、それに見合ったお手本を見つけて、愚直にそれを自分のものにしていく。

日々を積み重ねが身を結びはじめたかな・・・と感じた頃には、今のあなたから想像できないレベルで、女性に困らない状態になっていることは間違いありませんよ。

要するに・・・会話力を高めるための習慣を今すぐ取り入れることが、会話だけで女性を魅了する男になるための最優先事項です。

タイトルとURLをコピーしました