中折れを改善するためのポイント

精力改善マニュアル

あなたもこのような事を思われてませんか?

  • 最近、勃起力が弱いかも・・・
  • プレイ中にしぼんでくることがある

そんな中折れに悩むことが増えてきていて、その改善方法を求めている・・・。

そんなあなたに中折れの理解を深めるための一助となればと思い、中折れについて、その原因や改善方法についてまとめさせていただきました。

中折れとはどういうこと?

そもそも中折れって何?という認識に誤解があるといけませんので、その部分から。

いざ本番という時に陰茎がしっかりと勃起しない状態や、勃起をしている状態を維持できない症状を”中折れ”と言います。

勃起不全との違い

中折れと似た言葉として勃起不全(ED)と呼ばれるものがあります。

勃起不全は読んで字のごとし、勃起する能力がなくなったことを言います。
ただ、完全にウンともすんとも言わなくなる症状は全体で見れば非常に少なく、”中折れ”と同じ症状であることがほとんどです。

つまり、”中折れ”と勃起不全(ED)の線引きはやや曖昧になっている部分があります。

勃起困難、硬度不足などのほか、勃起の維持も診断の基準となっており、性交の途中であるにも拘らず性交渉の完了まで充分な勃起を維持できない症状、いわゆる「中折れ」もEDである

勃起不全 - Wikipedia

中折れになる理由

いざ本番という時に中折れになる。
若い時には考えられなかったことですが、年を追うごとに中折れになる人が増えてきます。

なぜそのようなことが起きるのか。
一般的には、次のような理由から中折れになると言われています。

ストレスやトラウマ

ストレスやトラウマなどの心理的な理由により中折れ症状が引き起こされるということがあります。

例えば、勃起力みなぎる10代の時でも、いざ初体験となると緊張のあまり勃起がおさまるということはよくある話ですし、女性からの何気ない一言が心に引っかかって中折れ症状に繋がることもあります。

体調によるもの

体調が万全ではないことにより中折れ症状が引き起こされることがあります。

よくあるのが、飲酒によって中折れになるというものです。

どれだけ健康体で意欲満々でも、疲労困憊や飲酒によっていつもと違う体調になることで中折れ症状が引き起こされることはあります。

加齢によるもの

加齢によって中折れ症状が引き起こされやすくなるということもあります。

加齢によって筋力の衰えや、血管の老化などが出てきます。
その結果、陰茎に送られる血流が弱くなり、勃起力が弱まり、中折れもしやすくなります。

自慰のしすぎ

発射すべきものがタンクに満タンの時と、そうじゃない時の勃起力の違いは、男性ならすぐにわかると思います。

自慰をして、タンクの余裕がある状態になると、当然のことながら勃起力が弱まりますので、中折れにつながりやすくなります。

逆に言えば、自慰を我慢することでタンクが満タンになり、勃起力が強くなるので中折れもしなくなるということもありえます。

一般的な中折れ症状の改善法

中折れになる理由や原因をご覧いただいて、心上がりがあるものや、どうしようもなくない?と感じるモノもあったかと思います。

それを踏まえて、ではどう対処すればいいのか。
どうすれば改善できるのか。

一般的には次のような方法が提案されています。

生活習慣を整える

ストレスや疲労困憊状態など、心身の調子が不安定になっていることが中折れの原因として考えられますので、生活習慣を整えて、ストレスを減らし、身体の調子を整える。

つまりは、心身ともに健康になる生活習慣を意識して実践しましょうというものです。

生活習慣は基本であり土台でもありますから、ここが崩れていては、立て直しもはかれないということですよね。

特に次のような点を意識的に見直すことが求められています。

就寝時間

身体の疲れが中折れに繋がることもありますので、疲れを取るために、シッカリと寝る。
身体の疲れが取れると、精神的ストレスも緩和されますので、寝る時間を確保して、シッカリねること。とても大切です。

食生活

食生活に偏りがあると、勃起力の低下につながることもあります。

身体は食べたもの、飲んだもので作られています。

加齢によって筋力や血管に衰えがではじめて勃起力が落ちているのが中折れの原因だとするなら、筋力や血管に効果のある食事をすることが基本になります。

トレーニング

筋力の衰えが勃起力の低下につながり、中折れに繋がっているケースはよくあります。
この場合の筋力とは、陰茎そのもののことではなく勃起時に使う筋力の低下です。

勃起時には、陰茎の周り、骨盤付近の筋肉を使います。

そのあたりの筋肉を鍛えることで勃起力の改善が期待できますので、スクワットなどの骨盤周りの筋肉を鍛えるトレーニングを取り入れることも効果があるとされています。

一般的な改善法の問題点

一般的な中折れ改善方法を紹介しましたが、どうしても次のような問題点があります。

実行するのはかなり大変

中折れを改善するために良いとされている方法をすべて見て、こう思われたのではないですか?

「これをすべてできれば苦労しないよ」と。
ちゃんとたっぷり寝て、食生活を整えて、トレーニングもして・・・。

文章にすると一行ですが、これを毎日毎日やろうと思うと、かなり大変ですよね。
実践することそのものがストレスになって、そのストレスによって、「ここまでしないと駄目なのか・・・」という新しいトラウマを植え付けることになり、ますます中折れが進むかもしれません。

でもラクするのは高リスク

生活習慣を整えて・・・は大変なので、いっそのこと手っ取り早くバイアグラなどで・・・と思うかもしれませんが、これはこれで高リスクです。

間違った知識で利用すると、最悪は死に繋がることもあります。

それもそのはずです。
バイアグラなどの勃起薬は、血管を拡張させて血流を増やし、それによって陰茎を勃起状態にするというものです。

血流がグンと増えますから、身体への負担が増します。
命を削って勃起しているようなものですから、あまり良い方法とは言えません。

つまり・・・

加齢とともに身体が衰え、その身体の衰えとともに中折れの症状が出てくるのは致し方がないことです。自然現象なのです。

でも、そう簡単にあきらめがつかない・・・ということなら、できることから着手していきましょう。

ポイントは肉体を改造していくことです。
筋肉を鍛え、栄養を正しく補給し・・・と体に良い事を取り入れる。

それが結果的に中折れ改善に一番効果的です。

さらに効果的に短期間で中折れを改善するために専門的な医療を受けるという手もありますし、プロが監修したマニュアル「石丸式 東洋医学によるED(勃起不全)・中折れ改善法」などを利用してみるのも1つの方法です。

いずれにしても、ただしい知識とただしい方法を取り入れれば中折れは改善できますので、勇気を持って一歩踏み出してみることをオススメします。

タイトルとURLをコピーしました